会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
メールマガジン
ショップ紹介
 
土曜・日曜・祝祭日は、お休みです。
申し訳ありませんがよろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m
2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
paypal
会社案内
rss atom
■ 技術案内
 φ30ガラス管の加工、ガスバーナー加工φ10ガラス管両端つぶし加工、ガスバーナー加工φ60ガラス管の口焼加工、ガスバーナーガラス旋盤と酸素バーナーでの加工
当社は理化学ガラス機器製造業として創業しました。以来今日までそのガスバーナー加工技術を生かして、あらゆるガラスを加工、さまざまなガラス製品を世に送り出してきました。

その卓越したガスバーナー加工技術を、完全自社開発の管(パイプ)加工機にも応用。
業界はモチロン製造業の中でも珍しい多品種中ロットとゆう、多くもない少なくもないとゆう非常にやっかいな生産も可能としております。

また、ガスバーナー加工は個人の技能に依るところが大く、機械加工では出来ない微妙な曲げ加工も可能です。



ガラス加工/潰し孔アニール写真
ガスバーナー加工

経験豊富で熟練した確かなガスバーナー加工!


φ2.0〜φ300まで、ガラス管加工はお任せ下さい!!

高精度ガラス管切断

高精度ガラス管切断


業界標準の全長寸法公差(±0.5〜1mm)を大きく打ち破る、全長公差±0.1以内を実現。
(全長10mm〜200mmまでの場合に限ります。)
(外径Φ2〜20mmのガラス管に限ります。精密ガラス細管(Φ2〜3mm)と組み合わせると、外径・肉厚・全長ともに超高精度なガラス管となります。)

>>精密ガラス細管規格表


ガラス管カット
ガラス管は板ガラスと違って、外径や肉厚の微妙な違いで切断条件が変わります。また、加工数量の制約を受ける場合も多々あります。
その為、機械切断の場合、微妙な条件の違いや制約に合わせて切断機を選定しなければなりません。
当社では様々な加工方法の切断機と切断技術があります。
スクリーン印刷 / スクリーン印刷技術
ガラス管(パイプ)等の曲面(パイプ状)への
スクリーン印刷(有機)はおまかせ下さい!
スクリーン印刷/印刷機写真
検査体制 / 検査技術・体制
当社では梱包前に全数検査を基本として
おります
支払い方法について
配送方法・送料について